キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 無理のない融資の返済額とは? : 気になるアパート建築費の事

無理のない融資の返済額とは?

「アパート 建築費」の事に関する情報サイトです。
アパートの建築費借入れで気になるのは返済比率。場合によっては融資額の圧縮に努めることを大事です。

無理のない融資の返済額とは?

アパート経営は老後の安定収入になると考えがちですが、建築費など借入額が多い場合、返済比率を誤ってしまうとその後の経営に支障をきたします。

現状の返済比率について記述します。

☆返済比率は家賃収入の30%。

あくまでも目安ですが、住宅ローンでは25%~30%がローンの返済比率となっています。

収入の総額に対して30%を上回ってしまうようであれば、金融機関でも難色を示す場合があります。

アパートの建築費にこれを置き換えるなら、たとえば2階建てのアパート6戸を総額4,000万円で建築して、銀行から3,000万円の借入れをした場合、毎月の家賃収入は36万円(1戸当たりの賃料6万円です。

30%の返済額10万8,000円が基本といえます。

☆何かと出費が多いアパート経営。

36万円の家賃収入から10万8,000円のローンを返済すると、手元に残る金額は、25万5,000円となります。

しかしアパート経営には管理運営費や入居者募集費用、空室対策費、事業税などが別途必要となるため、すべての残金を自由に使えるわけではありません。

できる限り返済比率の30%を守って返済していくことと同時に、事前に貸出金利の高低について下調べし、わずかでも設定金利の低い金融機関から融資を受けるようにしましょう。

☆無理のないアパート経営を実践するには、建築費の総額を抑えることが最初の課題です。

予算オーバーの時は計画の見直しも必要です。

無理のない融資額の返済比率は、家賃収入の30%です。

アパートの管理運営、入居者募集など、いろいろ出費の多いアパート経営では、建築費の借入額を最小化して返済比率の圧縮に努めましょう。

予算が膨れあがった場合は、白紙撤回も賢明な選択肢です。